出版実績
 『大宇宙のしくみが解かってきた!』
関口素男 様
今までの宇宙論は、恒星、銀河、ブラックホールなど「天体」を中心とした物質ベースの宇宙論が大半でした。しかし宇宙は、物質だけで構成されているわけではありません。人間をはじめとする様々な「生命体」が宇宙の重要な構成要素であり、それを除外したら宇宙の一面のみを論じていることになります。生命体には「いのちや意識や生命エネルギー」が深く関わっています。多くの科学者は、それら非物質の領域に目を向けません。我関せずと放置しています。全く無関心の科学者もおられます。これらは見えないし観測が困難だからです。残念ながら非物質まで含めた宇宙論はとても少ないのが現実です。本書では、21の仮説群によって今までの宇宙論を大幅に拡張し、「大宇宙のしくみ」を読み解いていきます。この仮説群は、物質の世界と非物質の世界を結びつける「統合宇宙論」と言っても良いかと思います。「大宇宙とは何か?」、「いのちとは何か?」、「意識とは何か?」、「生命エネルギーとは何か?」これらを読み説くことで、宇宙や生命に関する様々な不思議が解消していきます。
イメージフォト
 『旅行鞄に詰めた1/2の僕』
楡田利克 様
「本を読んだことがない人間が、本を書けるのか?」こんな馬鹿げたテーマで気楽にスタートした執筆活動の先にあったもの。それは、等身大の自分自身だった。幼少の頃の両親の離婚、再婚、最愛の母の死。実父や実弟との再会。解雇に独立。世界中を飛び回った10年、そして娘の誕生。1/2人生の感想文。それを鞄に詰め込み、残り半分の人生を生きる。
イメージフォト
 『歩き方が人生を変える!臨床現場からの治療家たちの声』
外反母趾研究所 様
外反母趾研究所では外反母趾の原因が『ペタペタ歩き』にあるとして、歩行改善を中心としたアプローチを行っていますが、歩き方が変わると足の痛みがなくなるだけでなく、膝や腰など体の痛みもなく なり、さらに、体調まで改善されることが分かってきました。本書では歩行改善を治療に取り入れた全国の治療家が、『歩き方が人生を変える!』という事実を実体験を交えながら報告しています。足の痛みでお悩みの方はもちろん、体の痛みや不調でお困りの方にも、歩き方が現在の症状に大きな影響を及ぼしていることを知って頂ければ幸いです。
イメージフォト
 『ビバ45歳!人生努めて道拓く40代自己改革の行動指針!!』
德丸登 様
今後終身雇用はなくなるのだというその変化へ対応することがアイデンティティを確立することになる。1社に40年勤めた定年後またはミドルあるいはシニアの年齢での転職が当たり前である、それも1回だけでなく複数回の転職もありうると考えて人生を組み立てることが求められている。それへの対策をどのように講じたら悔いが少なく済むかを著者の体験を織り交ぜて伝えようと本書は構成されている。新入社員にも将来のことを考えて読むことを薦めたい。
イメージフォト
 『愛のホラリー占星術 リセプションについて』
Kuni.Kawachi 様
「恋愛の質問」をホラリー占星術で解く場合に外せない技術があります。それがリセプションです。アスペクトでは肯定されていても、リセプションがその恋愛を否定するかもしれません。又、アスペクトが無くてもリセプションが存在すれば、努力の結果恋愛が成就する事もあります。これまで日本で紹介されてきた西洋占星術に関する本は、どちらかというとアスペクト一偏等でした。これでは1/3 の技術しか使っていないのと同じです。アスペクト、リセプション、そしてディグニティーという技術を知ると今より更に西洋占星術が面白くなりす。
イメージフォト
 『パリの異邦人I-青春の墓標‐』
朴秀男 様
家族・集団・宗教・階級の連続した歴史を描きつつ、そこに個人の民族や人種の触れ合い対話を個人の尺度を超えたユマニスムに、自己の世代の宿命と対決しつつ激しく未来を生きる青年たちの姿を描がく。
イメージフォト
 『あなたの魂への導き365』
Miho Komine 様
スピリチュアルティーチャーが綴る365のメッセージ集。本を開くたびに、目に飛び込んでくるメッセージがあなたの心に響き、魂の波動と繋がっていきます。一つ一つのメッセージがあなたの魂の波動を表しています。あなたの意識を目覚めさせ、真なるあなたと出会うサポートとしてください。
イメージフォト
 『善事即行・即時改善-全員参加で意識改革-』
德丸登 様
経営とは何か、そこから説きほぐしている。「人として何が善で何が義であるか」について事例を引きながら実践的に説明しているので、解りやすいし、すぐ実践出来ることを取り上げている。思い付いたら直ぐする,このことを倦まず弛まずやり続けることで明日の展望が開かれる道へと繋がるのである。行動を起こして失敗したら素直に反省し修正して行動すれば段々良くなる。しかし行動を起こさずして後になって後悔しても何も良くならない。本書は、行動することの重要性を説いている。
イメージフォト
 『バースデータロット 誕生日に定められた運命のカード』
フェアリア未紀 様
TwitterやLINEで‘怖いほど当たる’と話題になり、ブームになりつつあるインターネットの占い『バースデータロット』の書籍版。生年月日から運命のカードを導き出すタロット占いで、基本的なキャラクター、魂の課題、人生のシナリオや大切な人との相性、一年間の運勢や特別な一日について詳しく解説しています。これ一冊であなたの知りたいことがすべて占えます。
イメージフォト
 『ガンにならない歩き方』
関口素男 様
ガンは手強いです。ひとたびガンが発症すると、打つ手は極めて限定されてしまいます。未然に「ガンを予防」するのが最良の策です。ガンは予防できます! この本は、今まであまり語られなかった視点から、「生命力アップ」をキーワードにして実践ベースのガン予防法をお伝えいたします。その中心が「ガンにならない歩き方」です。この歩き方はとても簡単です。そしてこの歩き方で何故ガンにならないのか、「心」とは何か、「気」とは何か、宇宙のしくみについての私の仮説をご紹介しています。
イメージフォト
 『平家鎮魂の旅 -畿内/摂津の巻- 』
足立暹 様
本書は「平家物語」の名所史跡を訪ね、各地域別にまとめた「平家鎮魂の旅」シリーズの17冊目である。この「摂津の巻」は、主に摂津国(大阪府北部及び兵庫県南東部)を対象としており、和泉国及び河内国も含めている。但し、神戸市については、既刊の「摂津西部の巻」に掲載しているため、本書では対象外である。本書のメインは、後白河法皇などの、鳥羽から八軒家船着場まで船で下り、それよりは各王子を巡り紀伊へ向かうという、熊野詣のルートである。ほかには、安徳天皇の陵や源満仲を祀る多田神社などを訪ねている。
イメージフォト
 『男儀(おとこぎ)』
木村嘉男 様
この言葉は著者の造語です。日本には昔から「男気」という言葉がありました。きっぷがよく正義感があり、弱いものいじめを許さない、 頼もしい人物をこう評したものです。 いま日本では、学校での「いじめ」問題が大きな関心と その解決が論じられていますが、 「弱いものいじめ」はある意味、 人間の性(業)とも言えます。 著者の専門はエステサロンのオーナーですが、 その生き様で、こうした社会の不条理を正しています。 ダンディズムという今風の言葉がありますが、 男儀こそ真のサムライ精神のモデルとなるでしょう。
イメージフォト
 『キムチダイエット』
木村嘉男 様
日本人は昔から「たくあん」をご飯のおかずにしてきました。 しかしその座をいまやキムチが奪っています。 それには栄養学的な裏付けもあるのですが、 エステの専門家である著者は体験的にその効用を知って、 実際に自分の身体で証明しています。 女性の2大ストレスは「お肌の悩み」「太り過ぎ」ですが、 このキムチ料理を使ったダイエット法を実践すれば、 きっとあなたも美容と健康がダブルで手に入ります。
イメージフォト
 『ほめほめモードであいうえお』
郡山昭子 様
日本人なら誰でも、美しい日本語、しかもひらがなを 書いてみたいものです。 しかし、この文字こそ、クセの最たるもの。 美しい文字を書ければ、おそらく恋愛の80パーセントは 成功するのではないか、と思うほどです。 著者は、子供から大人までの「お習字教室」のオーナー兼先生です。 習い事の嫌いなお子さんに、独特の「ひらがな修得法」を作り上げて 長年自分の教室で実践。 その成果をひろく世間に知らせたいと 「ほめほめモードであいうえお」という本を出しました。 楽しく実用的な独習帳に仕上がっています。
イメージフォト
 『巣鴨伝説』
藤木二三男 様
A級戦犯という言葉の生まれた、戦後日本の超有名刑務所の 囚人たちの実話を漫画で描いた本。 著者は偶然にもこの刑務所で日本の戦争を指導した 政治家や軍人たちと過ごすことに。 生業が絵を描くことだったので、戦犯達の日常の姿を面白くもあり、 ペーソスもありで描いている。 いち民間人が貴重な戦後史の生き証人となって描いた本はとても貴重。 その意味を知って欲しいと藤木さんの友人らが復刻したものです。
イメージフォト
 『ひらがな速読法』
吉岡節夫 様
日本人なら誰でも知っている「ひらがな」。そのひらがなのある秘密に着目して、速読メソッドにまで仕上げてしまった、日本人のためのユニーク速読法です。 日本語は主に、漢字とひらがなで構成されていますが、普通の速読法は「漢字」に注目します。 ところが「ひらがな速読法」は、逆に「ひらがな」に意識をおくことで、 読書スピードが速くなると説いています。 えっそんなバカな、と思う人は、この本を一読してください。その秘密を知って、もう一度「そうだったのか」と驚くことでしょう。
イメージフォト
 『教えてください!私、生きていいですか?』
及川周星 様
心の病の本です。知らない間に心の病になっている場合があります。ストレスを溜めていると、心が暗くなって、突然、自殺をしてしまう場合があります。心が暗くなると死ぬことしか考えなくなる方が多くいます。心の病から体に異変を感じて自分では分からない部分があります。躁うつ病や統合失調症やアルコール依存症など様々な方が苦しんでいます。誰でも起こりうる心の病です。そうなる前に、この本を読んで気づく方もいるでしょう。心の病を治療をして復活ができるようになるでしょう。元気になって、しあわせになりましょう。
イメージフォト
 『儲かる治療院・癒しサロン経営』
久保田享 様
イメージフォト
 『経済エッセイ 東日本大震災に想ふ 妻とふたり 』
松浦てつお  様
イメージフォト
 『Hyper Space Journey-恋の宇宙遊泳-』
瀬川久志 様
イメージフォト
 『父を国会から追放してください 』
チャイナローズ 様
イメージフォト
 『父を殺した理由(わけ)は言えない』
チャイナローズ 様
イメージフォト
 『三日月幻想曲』
瀬川久志  様
イメージフォト
 『芳澤謙吉波乱の生涯』
樋口正士 様
イメージフォト
 『下剋上 大元帥』
樋口正士 様
イメージフォト